FC2ブログ
愛車シルビアの事とか、ゲームに関してとか、ふと思った事などさりげなく更新するkatsu(真夜)のブログです。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2013/03/07 Thu 11:40
※閲覧注意※
人によっては不快な表現を含みますので、私は18歳以上(自称)でそんなのおかまいなしよ!
という方のみご覧ください。

↓ ↓ ↓

ジャンルがアダルトなのが久しぶりに該当したなw









































ツルペタ大好きなエロ漫画家の主人公。
しかし、編集の方針に従って巨乳系漫画を描かされる苦悩の日々を送っていた。

「このまま、自分を偽ってまで描き上げて何になる!?」
思い詰めた主人公は漫画家の廃業を決断。
だがその前に自分の全身全霊を掛けた作品を描くことを決意する。

そして妄想の数々を長年書き留めたネタ帳を手にして、ネームを切ろうとした主人公に転機が訪れる。
突然現れたのは、絵に描いたような見事なツルペタ少女。
淫魔を名乗る少女に、登場するヒロイン像のインスピレーションを感じ取る。
「この少女をヒロインにすれば俺の作品は漫画の枠を越えられる!」

最後の最後で自分がより高みへ向かえる感動に打ち震える主人公。
諸手を挙げて彼女の来訪を歓迎する……はずだったのだが淫魔のとった行動に愕然とする。
「違う……何もかもが違う!そんだけの体を持ってて何だそれは!!」
「……え?」
「ツルペタのくせに、何で胸に無駄な脂肪をぶら下げた牛みたいなことしてんだ!?」
「お前には最高の体を持ってるのに、それに見合った技が!心がないっ!ツルペタにはツルペタのやり方があるだろうが!!」
「そ、そうなの……?」
「こうなったら、俺がお前にツルペタのなんたるかを仕込んでやる!!」


「お前馬鹿か!いや、馬鹿だろっ!!それだけのペッタンボディのくせに何ヤってんだよ!?」
↑これ好きw


まてよ?こんな事書いてたら危険な人だと思われるじゃないか・・・_| ̄|○
(´∀`*)ウフフ ・・・・・ _| ̄|Σ・,`,.-===⌒Y⌒Y⌒○
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klstyle.blog44.fc2.com/tb.php/582-8d2c581d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © K-Style 別荘 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。